持分の記載

所有権の登記において、共有者の場合には、氏名の前に持分を記載します。
(不動産登記法第59条第4号
登記に係る権利の権利者の氏名又は名称及び住所並びに登記名義人が二人以上であるときは当該権利の登記名義人ごとの持分)

しかし、1人目には持分○分の○と記載し、2人目以降は持分の文字は省略し○分の○のみ記載しています。

24-001.jpg

これは、昭54.3.31、民三第2,112号民事局長通達にて改正?されました。
以前は、各人の氏名の前に持分の文字の記載がありました。

ほかに、現在「平成何年何月何日金銭消費貸借同日設定」と記載しますが、以前は、「平成何年何月何日金銭消費貸借の同日設定契約」と記していました。

これら記載例の変更は、忘れもしません。
昭和51年から55年まで登記を離れ総務関係の業務をしていて、55年に登記に戻りました。
変更された記載例を知らず記入をし、注意をされたことがありました。


また、表示に関する登記ですが、地積の変更を伴わない地目変更の際に、②変更としていましたが、②地目変更と変わりました。しかし、記載例が変わっても、②変更と記載をしている人大杉!でした。
(月刊登記先例解説集の不動産登記記載例解説(通巻218~220)では、どっちでもいいようなこと書いてありましたね)



(転載禁止)
スポンサーサイト
2013-09-30(Mon)
 

『antivirus security pro』に感染したようです

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-09-26(Thu)
 

仮登記の抹消

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-09-24(Tue)
 

アメダスはどこにあるのでしょうか03

浜松市には、全国の最高気温を記録した天竜(区)があります。

1994年8月4日には、40.6度で、1995年8月4日は40.3度を記録しています。

が、2009年にアメダスの場所が移動した模様です。

     http://www.47news.jp/localnews/shizuoka/2009/03/post_20090331160402.html

yahooにおける天竜のアメダスです。

   http://weather.yahoo.co.jp/weather/amedas/22/50386.html?m=temp&c=2013091912

現在の場所は、船明ダム運動公園の一角にあります。

   https://www.mb.epss.jp/contents/facilities/1800/index.html

場所は↓

大きな地図で見る

ストリートビューにも写っていますね。

では、見に行ってきました。

DSC07056.jpg
DSC07059.jpg
20190907.jpg




(転載禁止)
2013-09-20(Fri)
 

アメダスはどこにあるのでしょうか 02

さて、・・・

そこで、調べに調べた結果、これを見つけました。⇒「浜松特別地域気象観測所の移設について」


移設先の新所在地が住居表示の表示ではなく(当然ですね)、地番でしたので、「登記情報提供サービス」にて地図の閲覧をしました。


で、地図に基づいて、現地に行ってきました。

場所は↓

大きな地図で見る


DSC07041.jpg
DSC07045.jpg
DSC07048.jpg
DSC07052.jpg



(転載禁止)


2013-09-17(Tue)
 

電子署名と電子証明書

2013-08-01の『事前通知の場合において、登記申請後義務者が死亡した場合は?』にコメントがありました。

疑問だらけの条文ですが、『電子署名と電子証明書』についての疑問でした。
『以前、
「電子署名が記名押印に、電子証明書が印鑑証明書に相当する」
と習ったのですが、
準則46条はオンライン申請では電子署名を、
書面申請では印鑑証明書の添付が必要となっており、
混乱しています。』
とのことです。

私も、よく理解している訳ではありませんので、適切な回答ではないかもしれませんが、チョコッと・・・


電子署名と電子証明書とは、
不動産登記令
第12条
電子情報処理組織を使用する方法により登記を申請するときは、申請人又はその代表者若しくは代理人は、申請情報に電子署名(電子署名及び認証業務に関する法律 (平成十二年法律第百二号)第二条第一項 に規定する電子署名をいう。以下同じ。)を行わなければならない。
2  電子情報処理組織を使用する方法により登記を申請する場合における添付情報は、作成者による電子署名が行われているものでなければならない
第14条
電子情報処理組織を使用する方法により登記を申請する場合において、電子署名が行われている情報を送信するときは、電子証明書(電子署名を行った者を確認するために用いられる事項が当該者に係るものであることを証明するために作成された電磁的記録をいう。)であって法務省令で定めるものを併せて送信しなければならない。


基本的には、『電子署名が記名押印に、電子証明書が印鑑証明書に相当する』であるが、別々のものではなく、一体性のあるものであります。
オンライン申請において、電子署名したものは、その電子署名をしたことを証明するために電子証明書を添付送信しなければならないのです。
電子証明書で電子署名をして、オンライン申請の際に電子署名された文書と同時に電子証明書のデータを送信して、文書送信者の本人確認をするものだと思います。


よって、不動産登記取扱準則第46条では、
オンライン申請の場合は、『相続人全員から相続があったことを証する情報を提供するとともに,電子申請にあっては当該申請人の相続人が規則第70条第2項の通知番号等を特定する情報及び当該登記申請の内容が真実である旨の情報に電子署名を行った上,登記所に送信し』とあり、「規則第70条第2項の通知番号等を特定する情報」と「当該登記申請の内容が真実である旨の情報」に電子証明をして、電子証明書のデータも送信するってことでしょう。

『書面申請にあっては当該申請人の相続人が規則第70条第1項の書面に登記申請の内容が真実である旨を記載し,記名押印した上,印鑑証明書を添付して登記所に提出』ですので、書面申請の場合は、オンライン申請でないので電子証明書は使用できません。


しかし、オンライン申請において、『相続人全員から相続があったことを証する情報を提供するとともに』ってどのようにするのでしょうか?

また、『通知を受けるべき者が死亡したものとして』って、通知を受けるものが死亡したとしても、通知書に相続人のだれかが印鑑を押してしまえば、普通に通りますよね。
「本人限定受取郵便」って死亡した場合、誰が郵便物の受領者になるのでしょうか。相続人が郵便の受領者になるのですしょうか?



(転載禁止)

2013-09-11(Wed)
 

アメダスはどこにあるのでしょうか 01

アメダスとは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%B9

今年の夏はめちゃくちゃ暑かったです。
浜松も最高気温が全国のベストテンに入ったことが何回かありました。

Yahoo!の天気情報における浜松のアメダスの情報です。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/amedas/22/50456.html?m=temp&c=2013090508

日本気象協会の浜松のアメダスの情報です。

http://tenki.jp/amedas/detail-644.html


ところで、浜松のアメダスはどこで観測しているのでしょうか?

浜松市に測候所があった時は、そこでの観測結果だと思いますが、今は廃止されて空き地になっています。

上記情報等の観測地の情報では、浜松市中区高丘東であって、
経度緯度が表示されてので、地図上に表示してみると航空自衛隊の滑走路上になってしまいます。

高丘東にある高丘公園に目星をつけて、高丘公園の周りを探してみたのですが、それらしきものは見当たりませんでした。

http://www.hama-park.or.jp/f-kanri/f-takaoka/takaoka.html
  
さて、どこに・・・



(転載禁止)
2013-09-09(Mon)
 

相続関係説明図と原本還付

相続関係説明図は、
申請書の添付書類の原本還付【追Ⅳ156】
 相続登記に添付した相続関係を証する書面(戸籍又は除籍の謄本等)の原本還付を請求する場合には、当該書面の謄本に代えて「相続関係説明図」の添付でOK。
(昭39.11.21、民事甲第3,749号民事局長通達)

この通達の解説は、非常に参考になりますので一読を!

相続及び相続人の住所を証する書面の原本還付【追Ⅳ280】
 「相続関係説明図」に、登記権利者の住所として、住所証明書の住所が記載されている場合は、相続及び住所を証する書面は、便宜原本還付してOK。なお、その場合には、細則第44条ノ11第2項の記載は「相続及び住所を証する書面は還付した。印」と記載。
(昭40.8.3、民事甲第1,956号民事局長通達)

相続関係説明図に法定代理人の資格、氏名等を記載させて法定代理権限証書を原本還付することの可否【追Ⅳ627】
 相続関係説明図に法定代理人の資格、住所及び氏名を記載し、法定代理人の資格を証する書面の原本還付の請求があつたときは、便宜これに応じてOK。
(昭42.6.19、民事甲第1,865号民事局長回答)

それが、

平成17年2月25日法務省民二第457号法務省民事局長
不動産登記法の施行に伴う登記事務の取扱いについて(通達)

により、

相続による権利の移転の登記等における添付書面の原本の還付を請求する場合において,いわゆる相続関係説明図が提出されたときは,登記原因証明情報のうち,戸籍謄本又は抄本及び除籍謄本に限り,当該相続関係説明図をこれらの書面の謄本として取り扱って差し支えない。

となりました。



(転載禁止)
2013-09-05(Thu)
 

仮登記の本登記をするため、前提の仮登記変更登記

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-09-02(Mon)
 
FC2カウンター
天気予報
プロフィール

さとうかずま

Author:さとうかずま
浜松市:舘山寺町


備忘録代わりの、屁理屈と偏った拘りのブログ。