被相続人の同一性を証する情報として住民票の写し等が提供された場合における相続人による所有権の移転の登記の可否について

備忘録としてアップしておこう!

被相続人の同一性を証する情報として住民票の写し等が提供された場合における相続人による所有権の移転の登記の可否について(通知)平成29年3月23日法務省民二第175号

照会)相続による所有権の移転の登記の申請において、所有権の登記名義人である被相続人の登記記録上の住所が戸籍の謄本に記載された本籍と異なる場合には、相続を証する市区町村長が職務上作成した情報の一部として、被相続人の同一性を証する情報の提出が必要であるところ、当該情報として、住民票の写し(本籍及び登記記録上の住所が記載されているものに限る。)、戸籍の附表の写し(登記記録上の住所が記載されているものに限る。)又は所有権に関する被相続人名義の登記済証の提供があれば、不在籍証明書及び不在重証明書など他の添付情報の提供を求めることなく被相続人の同一性を確認することができ、当該申請に係る登記をすることができると考えますが、いささか疑義がありますので照会します。

回答)照会のありました標記の件のついては、貴見のとおり取り扱われて差し支えありません。



スポンサーサイト
2017-05-14(Sun)
 
FC2カウンター
天気予報
プロフィール

さとうかずま

Author:さとうかずま
浜松市:舘山寺町


備忘録代わりの、屁理屈と偏った拘りのブログ。